女の子とのセックスは、男の本能であり憧れでもあります。とくに学生の頃はセックスを経験した人も少ないため、経験者というだけで憧れの目を向けられるでしょう。しかし、実際に女の子とセックスしてみると、『女性が相手だからこその面倒くささ』を感じると思います。

まず、女性はムードを大切にします。男みたいに「したいと思ったときにするのが一番!」なんて理屈は通用しなくて、たとえば『綺麗な夜景を見てからキス』をしたり、『オシャレなレストランで食事を済ませる』といったステップが必要です。

また、女性は「汚いままセックスとか嫌!」と考えるため、先にシャワーを浴びないといけません。男は「むしろシャワーを浴びる前のほうが興奮する…」と考える人も多いですが、それが通用しないのが女性ですね。

しかし、女性の中にも『性欲を優先するタイプ』はいます。こういう女性が相手だと、「我慢ができなくなったら、どんな状況でもセックスしたくなる」と話すため、男が好きな『衝動的なセックス』もしやすいでしょう。

そういう女性はやっぱり性欲が強いから、割り切りサイトなどで相手を探すといいでしょう。割り切りを希望する女性はセックスしたいからこそ使うので、半端な性欲の女性は少ないです。性欲の赴くまま男を探す女性たちは、まさに肉食獣ですね。

私も仕事で忙しかったから、「セックスするなら、お膳立てもなくササッと遊べる子がいいなぁ」と思っていたので、いかにも性欲が強そうな子に話しかけました。それで見つけたのがC(仮名)という女性で、年齢は私よりも下でした。

しかし、この女性が大した性欲でして…初日はまず公園で落ち合い、予想よりも可愛らしいCに喜んでいたのですが…Cは久々のセックス相手を前に我慢できなくなって、なんと「ねえ、この公園ってあまり人が来ないし、あそこの物陰でしちゃう?」と誘ってきたのです。

Cはすでにホテルまで我慢できないほど発情していて、パンツの上からアソコに触ると、すぐに濡れ濡れになりました。そして私のまだ洗っていないペニスを美味しそうにしゃぶり、勃起したら挿入を求めてきて、そのエロさに当てられた私はCの肉体を貪ったのです。

なお、外でのセックスだけでは満足できないCは、ラブホテルに到着してからも激しく求めてきました。性欲旺盛な女性と遊びたくて割り切り相手を探しましたが、Cは理想の遥か上をいく、絶倫女性でしたね。

こういう女性はどんなシチュエーションでもさせてくれるため、男にとっては最高の相手です。