地方に住む若者は大抵都会を目指すように、私もそれなりに勉強を頑張って、東京の会社に就職できました。業種は書きませんが、結構勢いのある分野でしたし、最初は「東京で名を挙げて、そのうち一等地のマンションに住むぞ!」とも考えていたのです。

地方から東京に移り住むと、最初はいろんなものが輝いて見えて、「もう地元には戻れないなぁ~」と浮かれていました。しかし、本格的に都会暮らしをスタートすると「休みの日は人が多くて、どこに行っても落ち着けない…」とか「家賃が高くて、生活費がなかなか節約できない…」といった問題が目立ち始めたのです。

さらに、仕事でも残業していたらほとんどがサービス残業としてカウントされており、私は一気に嫌になって、その勢いで辞職しました。それを地元の親に話すと「それ見たことか!」と説教されまして、いわゆる『都落ち』を経験することになったのです…。

ちなみに地元に戻る際、親が仕事と住む場所の都合をつけてくれて、予想よりスムーズに再就職できました。前の仕事とは違う分野で戸惑いましたが、サービス残業はないし、住む場所の家賃も安いし、地元での新生活には驚くほど馴染むことができたのです。

情けない話ですが、私は「最初からこうすればよかった…」と痛感しまして、今はもう都会への憧れはありません。地元は東京に比べると田舎ですが、娯楽もそれなりにありますし、とくに『セフレ掲示板』は使って良かったと痛感していますよ。

女遊びをするにも東京のほうが良さそう…なんて思うかもしれませんが、地元でセフレ掲示板を使うといい出会いに恵まれまして、そのお相手はK(仮名)という20代女性なのですが…この人が、なかなか東京では見かけないタイプでステキなのです。

Kは黒髪で服装も地味な感じで、まさに『都会の人がイメージするような田舎の女性』みたいな雰囲気でした。ですが、Kは性欲が強くとてもエッチな性格をしており、セフレ掲示板を使っていても不思議ではないタイプです。

それでいてこの容姿とくれば、そのギャップに興奮しませんか?東京にいた頃も多少の女遊びはしましたが、Kみたいな子とは全然会えず、正直に言うなら「この子に会えただけでも、地元に戻ってきてよかったかも…」なんて思ってしまいます。

今の私は静かな環境で暮らし、毎日の仕事を頑張り、そしてときどきKとセックスして癒やされています。東京にいた頃に比べると地味な生活かもしれませんが、今のほうが幸せです。