時々、セフレを短期間で使い捨てのように入れ替える男性がいますが、それは良くありません。女性に対して失礼ですし、ずっと同じ掲示板を使っているのなら悪いウワサがあっという間に流れ、ついにはセフレを探すことそのものができなくなってしまいます。たとえ割り切りの関係であっても相手の女性に敬意を払い、1年でも長く楽しい時間を過ごせるように努力することが大切なのです。

はじめは面倒に感じられても、長い目で見ればひとりひとりの女性を長く大切にする男性のほうがセフレ業界では好感をもたれます。

好感をもたれるということは、結果的にそれだけたくさんのセフレが見つかるということです。

そのためには、男性のほうが日頃から努力を欠かさないことです。それはたんに女性をイカせるテクニックを磨くだけではなく、女性に好かれるための努力全般を指します。

たとえば、清潔感。女性は誰でも、清潔感のある男性に惹かれます。身だしなみに無頓着なだらしない男性に魅力を感じる女性など、めったにいるものではありません。

なので、これからセフレを探すのであれば掲示板に書き込む前にまず、あなた自身の身だしなみをチェックしてみましょう。

毎日お風呂に入る、女性に会う日には洗いたての洋服を着る、などはもはや常識で、このふたつを意識するだけでも女性に与える印象ががらりと変わります。

女性は意外と男性の全身をくまなく観察しているもので、頭皮に少しでもフケが浮かんでいるような男性は問題外です。

ネットの出会いではお互いの顔が見えないため妄想が広がりやすく、その分会った時のガッカリ感も何倍にもふくらむと言います。

1回会っただけで女性からさっぱり連絡が途絶えてしまった場合は、見た目の印象で見切りをつけられてしまった可能性もあります。

会話のテクニックも、女性を喜ばせるためには重要なスキルです。

エッチに自信のある男性はつい、ベッドテクニックだけをひたすら研究しがちですが、女性はエッチにいたるまでのムードも大切にしています。

卑猥になりすぎず、自然な雰囲気でエッチまでもっていけるかが男性としての腕の見せどころです。
エッチの後も重要です。男性としては一度発射してしまえばボルテージが急速に下がってしまいますが、女性の場合、絶頂を迎えた後もつぎの刺激を待ち望んでいます。

女性を離さない男性ほどピロートークがうまいとは、昔からよく言ったものです。

ちなみに僕は、女性を飽きさせないトークを心がけるため、日頃からつねにネットや新聞のニュースをチェックするようにしています。

話題の豊富さもまた、モテる男のステータスです。