セフレ探しや割り切り交際は家庭を壊す原因だと考えている男性が多いようです。実際、その不安からセフレがほしくてもじっと我慢しているお父さんもいるみたいですが計画的なセフレ探しなら家庭を壊すこともなく、むしろ夫婦円満につながることさえあるのです。

セフレ作りの一番のメリットは何よりも、夜が上手になることです。

たいていの男性は、セフレとの関係を少しでも長続きさせようと思ってベッドテクニックを一生懸命研究します。

「あなた、エッチが下手ね」とせっかく見つけたセフレから愛想をつかされたのではたまりませんからね。

セフレの人数が多いほど、またセフレとの関係が長く続くほど、男性はより高度なベッドテクニックを身につけることができます。

思わぬところで身についたベッドテクニックは、奥さんとの夜の生活でも自然に活かされることになります。

セフレとのエッチによって覚えたテクニックを夫婦生活にまで持ち込むのはうしろめたいと感じるお父さんがいるかもしれません。

けれど、よく覚えておいてください。女性は本来、気持ちいいことが好きなんです。

つねに新鮮な快感を求めてやまない生き物なんです。

それは結婚して主婦になっても同じこと。

単調になりがちな夜の生活に新しいテクニックを何かひとつ取り入れるだけで、「あら、あなた変わったのね」と奥さんから見直されること請け合いです。

お父さんに朗報!割り切りで夫婦円満に?

簡単なことでいいんです。

クンニをいつもより少し長めにやってあげるとか、たまにはGスポットを思いきり刺激してあげるとか、奥さんがイクまでフィニッシュを待ってあげるとか

セフレを喜ばせようとするのと同じくらいに奥さんにも配慮してあげれば、きっと満足してくれるはずです。

当たり前のことですが、セフレの存在は徹底的に隠し通すこと。それが奥さんへの最低限のマナーです。

なかにはすべて奥さん公認で、時々セフレもまじえて3Pを楽しんでいる夫婦もいるみたいですが、それは例外中の例外としてセフレを作るのなら奥さんには秘密にしておきましょう。

女性とのメールは逐一消去するなどの基本的なことに気をつければ、隠し通すことはそれほど難しくありません。

職場での不倫と違って相手はネット上で知り合った女性ですから、よほどうっかりしなければ奥さんに疑われる心配はないでしょう。

ただし、割り切り交際の場合は1回あたり結構な金額が飛んでいくことになるので、金銭面で足がつくことのないよう、充分な注意を払いましょう。